Disney映画

トイストーリー1|ウッディの虫眼鏡で焦げたおでこが治ったのはなぜ?

トイストーリー1ウッディのおでこの謎について考察します!

シドにおでこを焼かれてしまい黒ポチが残ってしまったウッディですが、何故か、物語のラストでは、そのおでこが完治していました。

おでこが焼かれるシーンはかなりハラハラドキドキしましたが、それが何の説明もなく治っていたのに、最後は驚きました!

どうしておでこ治っているのかと、ラストシーンなのに気になって仕方なかったのを覚えています。

これから、そんなウッディの虫眼鏡で焦げたおでこが治った理由を考察します♪

※各シーンについては、ネタバレを少し含みますので、映画を見終わった後に考察を見ていただくことをオススメします。

ウッディのおでこが焦げた理由

ウッディのおでこが焦げた理由を解説します!

それは、「シド」によって焦されたからです。

シドは、おもちゃ界の中で恐れられている悪ガキです。

おもちゃに爆弾をつけて爆発させることや、首をちぎって取り替えることなど、改造や破壊を楽しむ危険な人物です!

その危険人物に、不運にも捕まったことから、焦されることになります。

捕まった経緯については、今回は割愛します!

そのシーンは、ウッディのおでこ、眉間に向かって、シドが虫眼鏡を利用した熱を当てることで、焦されました。

おもちゃなので動けないウッディはされるがまま、おでこを焼かれることになりました。

家族に呼ばれたことで、その出来事は一瞬ではありましたが、ウッディのおでこには黒いポチができてしまうことになります。

シドが部屋から出た途端、ウッディは熱さを隠しきれない様子でした。

そして、あとが残らなければ良いのだけどと、心配する様子でした。

虫眼鏡で焦げたおでこが治ったのはなぜ?

虫眼鏡で焦されたおでこが治った理由を考察します!

先ず、ウッディのおでこは、最後、アンディがプレゼントを貰うシーンで、治っていました

焦されたシーンでは、傷にならなければ良いなと言っていたウッディですが、それは治せるレベルの焦げだったのです。

どのように治ったかまでは描かれていなかったので、以下で考察します!

アンディの母が修理した説

一番有力なのがアンディの母が修理してくれた説です!

アンディの母は、ウッディが無くなってしまった時は無視しながらも、ウッディを大切にしている人物です。これは、トイストーリー2で描かれていました。

そして、ウッディなどのおもちゃが壊れた時は、母に修理して貰うのが、アンディ家の習慣だったようです。

そのため、ウッディのこげに気づいたアンディが、母親に頼んで、拭いて表面の焦げをとってくれたのだと思います。

一番、普通ですが、有力な説になります♪

店の修理に出した説

ウッディの焦げの程度では、修理に出した可能性も高いです!

トイストーリー2では、ウッディがプレミアム商品であることが語られていました。

そして、アンディの母もそれを知っていました。

そのため、大切なおもちゃとして、焦げをとるために修理に出したかもしれません。

お店の修理であれば、深い焦げでもなおすことができるからです。

おそらく、焦された時間が短かったので、修理までは出していないと思いますが、クリーニングされた可能性もゼロではありません。

おもちゃの仲間が治してくれた説

つじつまが合わなくなる可能性があるので、あまり有力ではない説です。

おもちゃの仲間が協力して、焦げをとってくれたかもしれません。

彼等は、かなり行動力がある仲間なので、焦げを落とすための溶剤や、雑巾など材料を持ってくるのは可能です。

そして、ウッディの反応を見ながら、オペを行うことも考えられます。

かなり妄想になりますが、ドクターポークチョップの裏オペが行われていたら、かなり面白いと思いました。

おそらく、ポークチョップはかなりオラオラなので、雑で適当な手術をすると予想できます!

とは言いましたが、アンディがこげに気づいた場合は、おもちゃ達で手術するのは異変に気づかれることになります。

さすがに手元に戻ったウッディのおでこには、すぐにアンディは気づくと思います。

そのため、ドクターの出番はないのかなと思われます。

そう言った設定は忠実に守る作品だと考えられるので!

まとめ

トイストーリー1で、ウッディの虫眼鏡で焦げたおでこが治った理由を考察しました。

まさか、焦されるほど、ウッディがピンチになるとは思いませんでした。

そして、残りそうな傷を、シリーズ一作目でおうことも驚きでした。

無事に治ったから良かったですが、るろうにみたいに傷を残すピクサーは想像するだけでヤバイと思いました。

今回は、アンディが気づいて、母に修理を頼んだ説が有力かなと思っています。

トイストーリー2を見ると分かるのですが、母はウッディをとても大切に扱います。

そのため、ウッディの修理は受け持ってくれると思います。

それで、今回の引越しから、クリスマスのプレゼントの間に、無事に治ったのだと推測できます!