ジブリ映画

映画『千と千尋の神隠し』あらすじネタバレ!評価感想はつまらない?

映画『千と千尋の神隠し』のあらすじネタバレを解説します!

本作は、ジブリ史上、最も人気のある作品です。特に、興行収入では、ジブリ映画の中でトップの300億円を超えており、ジブリ映画を語るなら、この映画は必ず通らないといけない道となっています。

これから、そんな世間から大変評価されている映画『千と千尋の神隠し』の内容と、評価感想はつまらないかを解説していきます♪

映画『千と千尋の神隠し』の作品概要

映画『千と千尋の神隠し』の作品概要をご紹介します!

【作品概要】

監督:宮崎駿

脚本:宮崎駿

原作:宮崎駿

製作:鈴木敏夫

出演者:柊瑠美
:入野自由
:夏木マリ
:中村彰男
:玉井夕海
:神木隆之介
:内藤剛志
:沢口靖子
:上條恒彦
:小野武彦
:我修院達也
:大泉洋
:安田顕

音楽:久石譲

主題歌:木村弓 「いつも何度でも」

映画『千と千尋の神隠し』のあらすじネタバレ

映画『千と千尋の神隠し』のあらすじネタバレを解説します!

物語は、千尋が、田舎に転校するシーンから始まります。千尋は、前の学校の人からの色紙を大切に、転校を不服そうに車の中で過ごしていました。そんな中、お父さんは、近道だと思い、山道を走ります。そして、トンネルの前で停車することになるのでした。

何か、怖いと思った千尋でしたが、お父さんとお母さんはトンネルの中に入ったので、ついていきます。すると、そこは、テーマパークの残骸でした。

そして、両親は、なぜか出店がある場所のご飯を食べてしまうのでした。一方、千尋は、街を散策します。すると、橋で白という少年と出会うのでした。白は、「ここにきてはいけない。夜になる前に戻れ」と言います。そして、千尋は、両親を呼んで帰ろうとしますが、両親は、豚になっていました。

その後、千尋は透明になり始め、そんな中、白が助けに来てくれました。この世界のものを食べないと消えてしまうと言われ、実を食べ、白に助けられ、橋で息を止め、「油屋」という名の湯屋に入ります。その際、蛙に見つかりそうになり、逃げますが、人間が侵入したことがバレました。

ちひろは、かまじいと出会って、働かせてもらおうとしますが、リンと出会い、湯婆婆に会いに行くことになります。そして、油屋は、八百万の神が休みに来る温泉であることを知り、ちひろは湯婆婆と契約で「千」となり、働くことになるのでした。なお、その際、白が世話係になり、りんが世話焼きを受け付けます。

その後、ちひろは、はくに呼ばれ、お父さんとお母さんが豚になったのを見せられます。名を奪われると帰り道がわからなくなり、白もその状況であることを知ります。

翌日、リンと千尋は、大湯の番になって、薬湯を使い、お風呂掃除をします。そんな中、千に惹かれて、顔なしが侵入し、千に薬ゆをくれるのでした。

そんな中、腐れ神がきました。そして、千は、かしゆをして、棘が刺さっているのを見つけ、それをぬくと、自転車、人間のゴミが隠されていました。その後、千は、その腐れ神だと思った名のある川の主から、団子をもらうのでした。

その晩、かえるが砂金を得、顔なしに食べられます。

翌日、顔なしが豪遊します。そんな中、千尋は、竜を見て、白だと気づき、紙の飛行機に追われて傷つけられるのを助けます。顔なしと千尋はその後出逢いますが、金を欲しくないといい、白の治療を優先します。そのせいで、顔なしにキャストが食われ、油場は混乱します。

その後、銭婆(ぜにーば)の式神がきて、ハンコを盗んだことを知ります。銭婆により、カラスは虫に、坊はネズミにされます。そして、白と千はかまじいの場所まで落ちます。その後、白にお団子をあげ、呪いを殺して、えんがちょをするのでした。それから、魔女の契約ハンコを千は、銭婆に届けに行くため、6つ目の沼の底の駅に行くことを決めます。

それから、湯婆婆に呼ばれ、顔なしとあい、団子をあげ、追われることになります。駅に着き、電車に乗ります。それから、白は、湯婆婆に大切なものが入れ替わったことを伝えます。湯婆婆は、坊がいなくなって、混乱します。また、金は腐るのでした。

銭婆のところに、千はつきます。ぼうとカラスは魔法は解けていたが、元に戻らなかったのです。そして、千は、白と私はどこかで会ったことがあると感じます。そんな中、白が迎えにきて、かおなしはゼニーバのところで手伝いとなり、帰り際、琥珀川に落ちて、その場所は埋められてしまった。白の本当の名前は、ニギハヤミコハクヌシだと分かります。また、靴をとりに、落ちて、浅瀬に運んだのが白でした。

湯婆婆と掟の解除の賭けとして、豚の中からお父さんとお母さんを見つけることをします。それに対し、いないと答え、大当たりとなり、元の世界に戻るのでした。振り向いてはいけないと言われ、両親の記憶はないが再会します。

そんなにくっつかないでよ歩きにくいとデジャブのようなシーンをえて、草木が生い茂って、車も埃だらけの元の場所にたどり着きます。そして、家に向かうのでした。

映画『千と千尋の神隠し』の評価感想はつまらない?

映画『千と千尋の神隠し』の評価感想はつまらないかを解説します!

結論としては、素晴らしい作品だと思います♪

つまらないと感じる要素はなく、とても考えさせられる素敵な物語だっと思います。また、冒頭のお墓が粗末に扱われているシーンや、腐り神の中から、人間の大量のゴミが入っていたことなど、メッセージ性も強く、考えさせられる要素が多かったように思います。

以下、ネットの口コミを紹介します。基本的にはポジティブな意見が多いです♪

まとめ

映画『千と千尋の神隠し』のあらすじネタバレを解説しました!

本作は、ジブリ史上、最高傑作と言える作品だと思います。

戦争などの出来事なく、強いメッセージ性を持つ作品であると思いました。

ぜひ、未だご覧になっていない方は、チェックしてくださいね♪

映画の原作を楽しむなが【eBookjapan】

ebookjapanはあの検索エンジンYahooが運営する最大級の電子書籍サイト!様々な映画やドラマ、アニメなどのあの原作を本屋で普通に購入するよりも50%OFF!つまり…「半額」で購入可能となっています♪ 無料で読める漫画も多数ある中で大人気の作品も最大半額3000円での購入ができるので6000円のものを3000円で買えてしまいます( ゚∀゚)ノ

ぜひこの際に気になっていた漫画を大人買いするのもおすすめですよ♪

▲このようなクーポンが手に入ります▲

50%OFFということもあり1冊ではなく複数冊を一気に買うほうがお得度もアップするので私はいつも複数冊購入しています♪