邦画

映画『るろうに剣心 最終章 The Final』あらすじネタバレ!原作との違いは?

映画『るろうに剣心 最終章 The Final』のあらすじネタバレを解説します!

本作は、るろうに剣心シリーズの最終章として、2部作に分けて上映された映画の前編の作品になります。剣心の過去に伴う事件が発生して、剣心は自らの過去と向き合いながら、敵と戦うことになります。

これから、そんな映画『るろうに剣心 最終章 The Final』の内容や原作との違い、評価感想を解説していきます♪

映画『るろうに剣心 最終章 The Final』の作品概要

映画『るろうに剣心 最終章 The Final』の作品概要をご紹介します!

 【作品概要】

監督:大友啓史

脚本:大友啓史

原作:和月伸宏『るろうに剣心』

製作:福島聡司

出演者:佐藤健
:武井咲
:新田真剣佑
:青木崇高
:蒼井優
:伊勢谷友介
:神木隆之介
:土屋太鳳
:三浦涼介
:音尾琢真
:鶴見辰吾
:中原丈雄
:北村一輝
:有村架純
:江口洋介

主題歌はONE OK ROCK 『Renegades』でした!

以下は、予告です♪

 

映画『るろうに剣心 最終章 The Final』あらすじネタバレ

映画『るろうに剣心 最終章 The Final』あらすじネタバレを解説します!

物語は、1879年の横浜で、斎藤一が雪代縁を電車内で見つけ、連行するシーンから始まります。縁は、中国(清)の武器商人として、志々雄に武器を売った罪で捕まることになります。しかし、縁は、清国と結んだ領事裁判権において、すぐに釈放されることになるのでした。一方、東京の浅草では、剣心や薫が出稽古の師範をやり、充実して平和な生活を営んでいました。また、政府は、張を密偵として、中国の動向を探っていました。

とある日、剣心達は、牛すき焼き屋のあかべこで食事をしました。その帰り道、縁の部下が、あかべこを砲撃して、多数の犠牲者を出させます。そして、剣心は、急いで、上野山に向かうのでした。しかし、そこには誰もなく、「人誅」と書かれた紙だけが残っていました。なお、「人誅」は、人斬りの時代に流行った天誅の意味を、天が裁かなくても、己が裁くという意味で使った言葉になります。

そして、またとある日、前川道場で縁の部下が襲撃がありました。急いで、剣心と左之助で向かいますが、その道中、浦村署長宅が襲撃された一方もあり、左之助は前川道場、剣心は浦村署長宅に向かうことになります。

前川道場では、乾天門が暴れて、左之助が着いた時には、全てが終わっていました。一方、浦村署長宅では、乙和瓢湖が暴れていて、剣心が戦うことになります。結果、乙和瓢湖は自爆して戦いが終わります。

その後、縁と剣心が出会います。そして、縁は、剣心に復讐を宣言するのでした。

それから、剣心は、仲間に、今回の一連の事件は縁の復讐であることを告げます。

それは、剣心は、雪代縁の兄である緋村巴という妻を殺していた過去が関係していました。十字傷は、巴が結婚するはずだった清里を殺した時につけられ、もう一方は、巴が死の間際につけられたものだと分かりました。

その後、東京の上空から、気球で人誅の紙が散布されます。そして、縁は、剣心に、痛みではなく苦しみを与えたいと言って、東京を襲撃するのでした。剣心が敵と戦っている間、道場では、縁が左之助をボコボコにして、薫を連れ去るのでした。剣心が戻ると、縁のアジトの場所が残された手紙があり、剣心はそこに向かうのでした。

剣心はマフィアのアジトに着いて、一人で戦います。そこに、お庭播州、斎藤、左之助が加戦します。そして、剣心は、縁の部下の呉黒星と戦うことになります。なお、その際、流浪にになった宗次郎が手助けしてくれることになりました。

その後、最終決戦として、縁と剣心が戦います。剣心は縁の想いを受け止めるように戦い勝利しますが、呉黒星が薫を殺そうとした時に、縁が薫を庇い撃たれることになります。そして、呉黒星と縁は捕まることになります。

それから、縁は、獄中で、姉の巴の手記を読んで、実は、巴は剣心が多くの人を守る人物だと信じていて、自ら、剣心を守るために死んだことを知ります。それから、剣心はお墓参りに行って、この物語は終わることになります!

映画『るろうに剣心 最終章 The Final』の評価感想

映画『るろうに剣心 最終章 The Final』の評価感想を解説します!

個人的な感想は、アクションシーンが、さらにカッコ良くなっていて、凄かったです♪

剣心のアクションも凄かったですが、縁と蒼紫のそれぞれの戦闘シーンはかっこよかったです。また、宗次郎が、まさか、出てくるなんて思わなかったので、前向きになった宗次郎を見れてかなり嬉しかったです♪

以下、ネットのコメントを一部紹介します!

映画『るろうに剣心 最終章 The Final』の原作との違い

映画『るろうに剣心 最終章 The Final』の原作との違いを解説します!

【原作との違い一覧】

・宗次郎の登場

・左之助と縁の戦い

・巻町操の加戦

・剣心と縁の戦闘シーン

・縁の最後

まとめ

映画『るろうに剣心 最終章 The Final』のあらすじネタバレを解説しました!

本作は、るろうに剣心の最終章の前編として、縁との因縁が描かれました。まさか、まだ、幕末の因縁が残るとは意外な展開でしたよね。そして、やはり、佐藤健の演技は、素晴らしかったです。基本、実写は失敗すると思っていますが、この作品は、本当にカッコ良かったと思います。そして、原作を上回るほど、剣心がカッコ良かったです。

ぜひ、未だ、ご覧になっていない方は、チェックしてくださいね♪

30日間無料お試し&いつでも解約OK/

映画『るろうに剣心 最終章 The Final』の動画を
TSUTAYA TVですぐ視聴

簡単1分で登録も解約も可能

\無料視聴する方法/

るろうに剣心|映画フル動画配信の無料視聴方法!脱Pandora&Daily映画「るろうに剣心」の動画をフルで見る方法について、この記事では詳しくお伝えしていきたいと思います!佐藤健さんや武井咲さんが出演している...
るろうに剣心-京都大火編-フル動画配信を無料視聴する方法!脱パンドラ映画「るろうに剣心京都大火編」の動画をフルで見る方法について、この記事では詳しくお伝えしていきたいと思います!佐藤健さんや武井咲さんが出...
映画「るろうに剣心伝説の最期編」フル実写動画配信の無料視聴方法【脱Daily】映画「るろうに剣心伝説の最期編」の動画をフルで見る方法について、この記事では詳しくお伝えしていきたいと思います!佐藤健さんや武井咲さんが...

\あらすじ・ネタバレも/

映画『るろうに剣心1』あらすじネタバレ!評価感想口コミと主題歌!映画『るろうに剣心1』は、2012年8月に公開された日本映画です!和月伸宏(わつきのぶひろ)の漫画『るろうに剣心』を実写映画化し...
映画『るろうに剣心2京都大火編』あらすじネタバレ!評価感想と主題歌!映画『るろうに剣心京都大火編』は、2014年8月に公開された日本映画です!前作の実写映画化から2年後の続編作品となります。 ...
映画『るろうに剣心3伝説の最期編』あらすじネタバレ!評価感想と主題歌!映画『るろうに剣心 伝説の最期編』は、2014年9月に公開された日本映画です!前作の京都大火編から2週後の上映となっています。 ...
-【考察】-
るろうに剣心1の結末|ラストシーンとその後続編と鵜堂刃衛の目的!
-【京都大火編】-
るろうに剣心京都大火編|新井赤空の逆刃刀が折れた?真打の文字の意味は?
るろうに剣心京都大火編の結末|ラストシーンやその後続編と志々雄の目的!
るろうに剣心京都大火編はつまらない?面白いや微妙と言われる理由は?
-【伝説の最期】-
るろうに剣心伝説の最期編の相関図|十本刀とお庭番衆の登場人物の名前!
るろうに剣心伝説の最期編はつまらない?ひどいや微妙と言われる理由は?
るろうに剣心伝説の最期編|最後のプロポーズの意味は?薫と結婚する?
るろうに剣心伝説の最期編の結末|ラストシーンやその後続編と奥義とは?
-【最終章TheFinal】-
映画『るろうに剣心 最終章 The Final』あらすじネタバレ!原作との違いは?
るろうに剣心 最終章 The Finalの相関図!登場人物の名前と瀬田宗次郎の目的は?
るろうに剣心 最終章 The Final|十字傷の秘密と張のその後は死んだ?
るろうに剣心 最終章 The Finalの結末!ラストシーンの意味とその後続編!
-【最終章TheBiginning】-
映画『るろうに剣心最終章The Beginning』あらすじネタバレ!時系列と見る順番!
るろうに剣心最終章The Beginningの相関図!登場人物の名前や裏切り内通者は誰?
るろうに剣心最終章The Beginningの結末!ラストシーンの巴の言葉とその後続編!

 

映画の原作を楽しむなが【eBookjapan】

ebookjapanはあの検索エンジンYahooが運営する最大級の電子書籍サイト!様々な映画やドラマ、アニメなどのあの原作を本屋で普通に購入するよりも50%OFF!つまり…「半額」で購入可能となっています♪ 無料で読める漫画も多数ある中で大人気の作品も最大半額3000円での購入ができるので6000円のものを3000円で買えてしまいます( ゚∀゚)ノ

ぜひこの際に気になっていた漫画を大人買いするのもおすすめですよ♪

▲このようなクーポンが手に入ります▲

50%OFFということもあり1冊ではなく複数冊を一気に買うほうがお得度もアップするので私はいつも複数冊購入しています♪