ジブリ映画

映画『もののけ姫』あらすじネタバレ!感想は過大評価でつまらない?

映画『もののけ姫』は、1997年7月に公開された日本のジブリ映画です!

本作は、『耳をすませば』の後に製作された作品となっており、ジブリ史上、最も有名です内容も素晴らしく、ファンの多い作品になっています。個人的には、ジブリシリーズの中では、最高傑作と言っても過言ではないと思っています。

これから、そんな映画『もののけ姫』あらすじネタバレ予告感想は過大評価でつまらないかについて解説していきます。

30日間無料お試し&いつでも解約OK/

映画『もののけ姫』の動画を
TSUTAYA TVですぐ視聴

簡単1分で登録も解約も可能

映画『もののけ姫』の作品概要

【公開】
2016年9月9日(アメリカ公開)
2016年9月24日(日本公開)

【製作】
鈴木敏夫

【監督】
宮崎駿

【脚本】
宮崎駿

【キャスト】
松田洋治
石田ゆり子
田中裕子
小林薫
西村雅彦
上條恒彦
島本須美
渡辺哲
森光子
佐藤允
名古屋章
美輪明宏
森繁久彌

【予告】

【主題歌】
米良美一「もののけ姫」

映画『もののけ姫』あらすじネタバレ

この作品は、自然と人間の争いがテーマとなっていました!

物語は、「昔、この国は深い森に覆われ、そこには太古からの神々が住んでいた。」という語りから始まります。

主人公の少年アシタカは、ヤックルに乗って、村に帰ると、人ではないタタリ神に襲われることになります。そして、タタリ神に手を出すと、呪いをもらうと言われ、村の女を守るために、アシタカはタタリ神を攻撃し、右手に触られ、呪いを受けることになるのでした。そのタタリガミは、アシタカが殺すことになります。

村に戻ると、アシタカは、ヒイ様に特別な水をかけられ癒されることになります。しかし、呪いは消えることになりません。そして、タタリ神のイノシシは、西から走って来たので、西の国に行って、呪いを解明するように伝えられます。なお、呪いのアザは、骨まで届いて命を落とすことになるものでした。また、猪の体に入っていた塊を頼りにして、髪を切って、カヤからお守りをもらって、旅立ちます。

旅の途中、襲われている人がいて、襲っている2人を殺して助けるのでした。その助けた人物は、ジコ坊であり、一緒に旅をすることになるのでした。一方、エボシともののけ姫と犬神は戦っていました。その後、サンとオオカミとアシタカは出会い、話しかけると去れと言われるのでした。

アシタカが旅を続けていると、こだまと出会い、甲六を救うことになります。そして、助けた人を運んで移動している際に、金色の鹿を見るのでした。それは、シシガミ様でした。そして、アシタカはタタラ場に到着することになるのでした。

ここから、自然と人間の戦いが加速していきます!

ここからがネタバレとなります。未だご覧になっていない方は、ストーリーのラストが分かってしまうかもなので、ご注意ください!

ネタバレ注意

タタラ場に到着すると、イノシシの主を殺したのがエボシだった知ることになります。そして、塊は鉄で、銃の弾でした。イノシシが村を襲ったので、銃で殺したと言うのでした。

その後、製鉄を見学して、エボシの秘密を知りに行きます。それは、病人や怪我人で石火矢を作ることでした。アシタカは、それを見て、呪いを増やしているので止めろと言います。しかし、エボシはやめることはしないのでした。

そんな中、もののけ姫が襲撃してきます。アシタカは、二人の戦いを止め、事故でキヨに撃たれてしまい死にかけます。どうにか、サンを外に運び、倒れることになります。その後、シシガミの湖に、アシタカを置きます。すると、ダイダラボッチがきて、アシタカを助けるのでした。しかし、呪いはそのままにするのでした。

翌日、猪が叫んで移動していました。猪の代表のオコトヌシが来て、人間に突撃すると言います。犬神とサンは止めるように言いますが、覚悟は固く、もう引き返せない状況でした。一方、エボシは戦争をしていました。その後、アシタカは、森を汚した人間が、貢物で森に渡したのがサンだと知ります。

その翌日、オコトヌシが突撃します。それを助けに、サンも合流します。一方、村は侍の襲撃にあっていました。アシタカは、エボシに猪との戦いを止めるように伝えに行きます。

しかし、もうエボシは猪との戦いを終えており、オコトヌシがシシガミの元に向かうのを狙われていたのでした。オコトヌシは、生き物でも人間でもないものを、森に連れていき、祟り神になってしまいます。サンもそれに巻き込まれて吸収されることになります。

そこに、シシガミが出てきて、オコトヌシの命を奪います。吸収されたサンはアシタカが救うのでした。

そんな中、エボシがシシガミの頭を飛ばします。その頭をジコ坊が回収します。シシガミは、顔がないダイダラボッチとなり、森や村を全て飲み込んで、消化して行きます。全ての土地が腐敗していくのでした。

それを止めるために、アシタカとサンは、首を返すのでした。すると、全ての場所は自然に代わり、森は豊になるのでした。

これで、この物語は終わります!

映画『もののけ姫』の感想は過大評価でつまらない?

映画「もののけ姫」の評価感想を解説します!

感想は、素晴らしいメッセージ性の強い作品だったと思います♪

自然を脅かす人間とそれと戦う森の住人の戦い、戦いの果てが、最後、自然への回帰なのも、強いメッセージ性を感じました。また、アニメーションのクオリティが高いこと、声優がハマりやくであるのが良かったと思います。大迫力の映画だったと思います。

過大評価である一部の声はありますが、個人的には、本当に最高傑作の作品だと思っています。

以下、ネットの感想を紹介します♪

基本的には、否定的なコメントはないので、傑作であることが分かりますね♪

まとめ

映画『もののけ姫』のあらすじとネタバレを解説しました!

本作は、ジブリ史上、最高傑作の作品だと思います♪

メッセージ性も強く、見終わった後に、余韻にひたれます。

ぜひ、未だご覧になっていない方は、チェックしてみてくださいね♪

30日間無料お試し&いつでも解約OK/

映画『もののけ姫』の動画を
TSUTAYA TVですぐ視聴

簡単1分で登録も解約も可能

動画を見るなら高速光回線

このサイトでは様々な映画の動画視聴方法やネタバレ、考察などの情報をお届けしていますが、動画を家で快適に見るにはインターネット回線も重要ですよね!そしてインターネット回線は数多く存在してどれがいいかわからない…

そこで私がオススメする光回線サービスをお伝えします(^^)

Cひかり

徹底したサポートが魅力的なサービス!
そしてなにより2Gbpsの高速回線でびっくりするほどサクサクなので動画視聴もめちゃくちゃ快適に(^^)
Softbankユーザーならさらにオトクに利用可能!
おすすめ度
月額費用4980円(税抜)
速度最大2Gbps
キャッシュバック最大50000円
特徴安心すぎるくらいのサポート内容!

\サポート力が魅力的すぎる!/