MARVEL映画

マーベルシリーズ映画を見る順番最新|おすすめは時系列順か公開順?

最新マーベルシリーズの映画を見る順番を解説します!

マーベル作品は、2008年から現在(2020年1月時点)まで、全23作品が上映されています。毎年、数本の映画が上映されるハイペースで、とても珍しいシリーズ作品だと思っています。

2020年も「ブラック・ウィドウ」「エターナルズ」が上映予定となっており、止まりそうにありませんね!

さて、マーベルシリーズで重要になる考え方が、フェーズ(フェイズ:phase)です。これは、各タイトルを固まりとして捉え、物語を段落(時期)で分けていることをしています。

また、最近、インフィニティ・サーガが終幕したとされており、物語を区切る考え方も登場しています。

少し複雑に思うかも知れませんが、いずれの考え方も知ることで、各タイトルの繋がりが整理されるので、ぜひ、覚えておいて欲しいと思っています!

前置きが少し長くなりましたが、これから、マーベルシリーズ作品を見る初心者の方向けに、マーベルシリーズ映画を見るおすすめ順番をご紹介します。

少しでも、映画を見るきっかけになって頂けると嬉しいです♪

マーベルシリーズ映画の公開順番

先ずは、記事執筆時点で公開されている映画をご紹介します。

【マーベル映画公開作品】

2008年公開

①『アイアンマン』

②『インクレディブル・ハルク』

2010年公開

③『アイアンマン2』

2011年公開

④『マイティ・ソー』

⑤『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』

2012年公開

⑥『アベンジャーズ』

2013年公開

⑦『アイアンマン3』

⑧『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』

2014年公開

⑨『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』

⑩『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

2015年公開

⑪『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

⑫『アントマン』

2016年公開

⑬『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

⑭『ドクター・ストレンジ』

2017年公開

⑮『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

⑯『スパイダーマン:ホームカミング』

⑰『マイティ・ソー/バトルロイヤル』

2018年公開

⑱『ブラックパンサー』

⑲『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

⑳『アントマン&ワスプ』

2019年公開

㉑『キャプテン・マーベル』

㉒『アベンジャーズ/エンドゲーム』

㉓『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

以下からは、公開予定作品となります!正式な上映日は未定の部分もあるので、分かり次第、随時更新します♪

2020年公開予定

『ブラック・ウィドウ』

『エターナルズ』

2021年公開予定

『シャン・チー・アンド・ザ・レジェンド・オブ・テン・リングス』

『スパイダーマン3』

『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』

『ソー:ラブ・アンド・サンダー』

公開未定

『ブラックパンサー2』

『ブレイド』

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3』

2020年1月時点で、全23作品が上映されています。

また、それぞれのヒーローについてのシリーズ化、アベンジャーズのシリーズ化など、それぞれの纏まりもあります。

初心者の方は、驚く物量だと思います(笑)

マーベルシリーズ映画の時系列順番

次に、時系列順で映画をご紹介します。「かっこまる数字」は公開順番です!

【マーベル映画時系列】

⑤『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』

㉑『キャプテン・マーベル』

①『アイアンマン』

②『インクレディブル・ハルク』

③『アイアンマン2』

④『マイティ・ソー』

⑥『アベンジャーズ』

⑦『アイアンマン3』

⑧『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』

⑨『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』

⑩『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

⑮『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

⑪『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

⑫『アントマン』

⑬『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

⑯『スパイダーマン:ホームカミング』

⑭『ドクター・ストレンジ』

⑱『ブラックパンサー』

⑰『マイティ・ソー/バトルロイヤル』

⑳『アントマン&ワスプ』

⑲『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

㉒『アベンジャーズ/エンドゲーム』

㉓『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

時系列順番で考察すると、物語は、第二次世界大戦中から始まります。そして、全ての始まりは、キャプテンアメリカ(ロジャース)となります。

そこから派生して、地球外まで物語が膨らむようになっています!

最後は、地球を救うために、ヒーローが戦う物語です♪

フェーズ(フェイズ)の意味とは?

ここで、冒頭で紹介したフェーズについて解説します。

フェーズとは、英語では「Phase(フェイズ)」です。

直訳すれば「段落、時期」などになります。

マーベルシリーズ作品では、それぞれの作品がつながりあい、関係している構成になっています。そのため、ある作品に別のヒーローが登場することは日常茶飯事です!

その時系列を分かりやすくまとめて、一つのシリーズとして意味付けする考えがフェーズの意味になります。

以下で、それぞれのフェーズの意味合いと役割を、作品毎にご紹介します♪

フェーズ1の意味合いと作品

フェーズ1は「ヒーローの登場」です!

全ての作品はアベンジャーズの戦いにつながります。

その伏線として、地球を救う頼りになるヒーローが続々と登場する意味合いと役割を持っています。

【フェーズ1の作品】

①『アイアンマン』

②『インクレディブル・ハルク』

③『アイアンマン2』

④『マイティ・ソー』

⑤『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』

⑥『アベンジャーズ』

ここで、地球規模で危機が訪れることを自覚します!

フェーズ2の意味合いと作品

フェーズ2は「ヒーローの葛藤と、新たなヒーローの登場」です!

宇宙人との戦いに備えて、それぞれが動き出します。

そして、宇宙ではラスボスが登場します。

敵が見えてきて、それを倒すために何をすべきかヒーロー達が悩んで葛藤する役割になっています。

【フェーズ2の作品】

⑦『アイアンマン3』

⑧『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』

⑨『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』

⑩『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

⑪『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

⑫『アントマン』

ここで、宇宙人と戦うための準備がされることになります!

フェーズ3の意味合いと作品

フェーズ3は「強大な敵との最終決戦とヒーローの誇り」です!

最強の敵が現れ、全てを破壊します。

アベンジャーズもバラバラになる危機もあります。

それを、ヒーロー達の誇りをかけて乗り越えて、何度でも立ち上がって戦う姿が描かれています。かなり泣けます(泣)

【フェーズ3の作品】

⑬『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

⑭『ドクター・ストレンジ』

⑮『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

⑯『スパイダーマン:ホームカミング』

⑰『マイティ・ソー/バトルロイヤル』

⑱『ブラックパンサー』

⑲『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

⑳『アントマン&ワスプ』

㉑『キャプテン・マーベル』

㉒『アベンジャーズ/エンドゲーム』

㉓『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

ここで、最終決戦を終え、その後の方向性がぼんやり描かれます!

フェーズ4以降はどうなる?

フェーズ4以降は考察になりますが、「ヒーローの世代交代と誇りの伝承」かなと思います。

新しいヒーローも登場しそうで、そこと現在のアベンジャーズがどのようにコラボするかが見所になると期待しています!

まだまだ、続きますよ〜

インフィニティ・サーガとは?

フェーズ1から3までをまとめて「インフィニティ・サーガ」と呼んでいます。

英語では「Infinity Saga」となります。

直訳すれば「無限、永遠の物語」となります。

イメージができないと思うので、ストーリーに照らし合わせ解釈をします。

全23作品で描かれていたのは、「インフィニティ・ストーン」と呼ばれる特別な力を持った6つの石の使い方です。

それぞれの時代で、技術的な発展や、防衛、侵略のためなどで、この石の力が使われることになりました。そして、その石を全て集めると、最強の力を手に入れることになります。

最後は石をめぐる物語になっていたので、「インフィニティ・サーガ」と呼ぶことになったのだと解釈できます。

【インフィニティ・サーガ作品】

①『アイアンマン』

②『インクレディブル・ハルク』

③『アイアンマン2』

④『マイティ・ソー』

⑤『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』

⑥『アベンジャーズ』

⑦『アイアンマン3』

⑧『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』

⑨『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』

⑩『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

⑪『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

⑫『アントマン』

⑬『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

⑭『ドクター・ストレンジ』

⑮『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

⑯『スパイダーマン:ホームカミング』

⑰『マイティ・ソー/バトルロイヤル』

⑱『ブラックパンサー』

⑲『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

⑳『アントマン&ワスプ』

㉑『キャプテン・マーベル』

㉒『アベンジャーズ/エンドゲーム』

㉓『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

最新マーベルシリーズ映画作品を見るおすすめ順番は?

最後に、最新含めマーベル作品映画を見るおすすめ順番をご紹介します!

それは「公開順」です!

そのままかと思う方はいるかも知れませんが、勢いよく見ることで全てがつながるのが、このシリーズの面白いところだと思います。

時系列順だと、少し話が飛躍している部分も出てくるので、ぜひ、公開順をおすすめしたいと思います♪

まとめ

最新マーベルシリーズの映画を見る順番を解説しました。

未だ、このシリーズは終わっていません。

また、新しい物語がドンドン出てきて賑わってきます。

これからの作品で、また物語の方向性などが明かされるので、随時更新していきたいと思っています。

未だ、作品をご覧になっていない方は、ぜひ、少しづつでも見てみてくださいね♪