邦画

映画「君の膵臓を食べたい」の山内桜良の最後の質問内容は?遺書の秘密!

映画「君の膵臓を食べたい」の山内桜良の最後の質問内容を解説します!

本作は、最後の質問内容が何だったかが気になるポイントとしてありました。

また、山内桜良の全ての気持ちは、共病文庫と遺書に残されたことになりました。

これから、そんな映画「君の膵臓を食べたい」の共病文庫と遺書の秘密含め考察します!

31日間無料お試し&いつでも解約OK/

君の膵臓を食べたいの動画を
U-NEXTですぐ視聴

簡単1分で登録も解約も可能

山内桜良

山内桜良(やまうちさくら)について、少しご紹介します!

山内桜良は、膵臓の病気から、余命を1年以内と宣告された女の子です。

志賀春樹(しが はるき)に病院で、共病日記を拾われたことから、親密になっていくヒロインです。

人を見る目がある優しい性格の持ち主でした。

なお、山内桜良を演じたのは、浜辺美波さんです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

浜辺美波 Hamabe Minami(@minami_hamabe.official)がシェアした投稿

あの花などに出演して、認知度はありましたが、本作がブレイクのきっかけになったと言っても過言でないと思っています。

石川県出身で、着物も似合う、みやびな女優さんですね♪

山内桜良の最後の質問内容

山内桜良の最後の質問内容を解説します!

山内桜良の最後の質問内容については、病院に忍び込んだ僕に、真実と挑戦ゲームで挑んで聞こうとしますが、負けてしまい、聞けずに終わってしまう内容でしたね。

桜良が死ぬことが怖くなり、少しネガティブになっていた場面で聞こうとした内容です。

そして、そのまま、僕に最後の質問をすることなく、桜良は病気でもなく、通り魔によって殺されることになりました。そのため、最後まで謎な質問内容となりました。

この質問内容については、遺書の手紙を読んで知ることになりました。

その内容は、「どうして、名前で呼んでくれないのか?」でした。

桜良なりの解釈によれば、これからいなくなってしまう私を、特別な誰かにしてしまうと、僕が生きづらくなることを言っていました。

しかし、僕の解釈は、おそらく、この関係が一生続けば良いと考えていたので、何かを変えたくないと思ったのでしょう。

臆病な僕は、桜良の名前を直接呼ぶことで、関係が終わってしまうと感じていたのでしょうね。

だから、ありふれた言葉を使わず、全てをぼかしながら、君の膵臓を食べたいなどと、メールで表現することなどをしたとも考えられます。

山内桜良の共病文庫と遺書の手紙の秘密

山内桜良の共病文庫と遺書の手紙の秘密を考察します!

山内桜良の共病文庫と遺書の手紙には、僕への好意が隠れていましたね。

これが、桜良が死ぬまで秘密にしていた想いだったと思います。

僕がこの気持ちを知ってしまうと、彼の今後の人生の負担になってしまうことを考え、彼のことを一番に想った選択が、あの関係性だったのだと思います。

ただ、最後の質問で聞きたかったように、不安になると、名前を呼ばない理由など聞きたくなることもありました。

しかし、死んだ後に、何となく気づいて欲しいような巧妙な仕掛けがされていましたね。

ただ、この気づいて欲しい気持ちも、僕に好きな人ができたら、幸せになって欲しいなどで、上手く隠していることに、本当の愛情を感じることができますね。

このように、桜良は、一番伝えたかったであろう好意を、最後の最後まで秘密にしていました。

まとめ

映画「君の膵臓を食べたい」の山内桜良の最後の質問内容を解説しました!

最後の質問の内容が分からず、高校教師になって分かったことは、僕にとって一生のモヤモヤだったでしょうね。

また、桜良が必死に隠していた僕への秘密も、遺書の手紙や共病文庫に隠されていて、「好き、愛している」を使わないで、想いを表現していたのは素敵でしたよね〜

ぜひ、そんな素敵な世界観が感じれる作品なので、何度も見て、楽しんでくださいね♪

簡単1分で登録&いつでも解約OK

 

映画の原作を楽しむなが【eBookjapan】

ebookjapanはあの検索エンジンYahooが運営する最大級の電子書籍サイト!様々な映画やドラマ、アニメなどのあの原作を本屋で普通に購入するよりも50%OFF!つまり…「半額」で購入可能となっています♪ 無料で読める漫画も多数ある中で大人気の作品も最大半額3000円での購入ができるので6000円のものを3000円で買えてしまいます( ゚∀゚)ノ

ぜひこの際に気になっていた漫画を大人買いするのもおすすめですよ♪

▲このようなクーポンが手に入ります▲

50%OFFということもあり1冊ではなく複数冊を一気に買うほうがお得度もアップするので私はいつも複数冊購入しています♪