Disney映画

映画『ジャングルブック』あらすじネタバレ!評価感想とタイトル意味!

映画「ジャングルブック」2016年4月15日に公開された日本映画です。

小説「ジャングルブック」の4度目の映画化作品です。

同作は、アニメーション映画、実写映画と、何度も映画化されている人気タイトルです!

物語は、

ジャングルに残された子供が・・

黒豹に拾われて・・

狼として育てられ・・

と、人間と動物の物語になっています。

子供がどのように成長していくかが、見所になっています!

これから、ジャングルブックあらすじネタバレ評価感想口コミタイトルの意味について解説していきます♪

簡単1分で登録&いつでも解約OK

映画『ジャングルブック』の作品概要

【公開】
2016年4月15日(アメリカ映画)
2016年7月27日(日本映画)

【製作】
ジョン・ファヴロー
ブリガム・テイラー

【監督】
ジョン・ファヴロー

【脚本】
ジャスティン・マークス

【原作】
ラドヤード・キップリング『ジャングル・ブック』

【キャスト】
ベン・キングズレー
ビル・マーレイ
イドリス・エルバ
ルピタ・ニョンゴ
スカーレット・ヨハンソン
ジャンカルロ・エスポジート
クリストファー・ウォーケン
ニール・セティ

【予告映像】

映画『ジャングルブック』の主題歌テーマ曲

ジャングルブックの主題歌テーマ曲を紹介します!

主題歌は「君のようになりたい」でした♪

日本版では、Little Glee Monsterが歌を担当しました〜

アップテンポで、愉快なメロディが良い曲ですよね♪

映画『ジャングルブック』のあらすじとネタバレ

テーマは、人間と動物の絆です!

物語は、ジャングルで、少年のモーグリと狼が一緒に、黒豹のバギーラから逃げるシーンから始まります。残念ながら、モーグリはすぐに捕まってしまいました。

森で捨てられた人間のモーグリは、バギーラに拾われて、狼の群れで、狼として育てられました。ジャングルの掟に従って、道具などを使うのを禁止されて、狼として暮らしていました。

そして、時がすぎ、日照りが酷く、水がジャングルから枯渇していきました。そこで、動物達はジャングルの掟に従い、平和の岩の周りでは、狩りが禁止になり、水を飲むだけとなりました。

モーグリも同じく、集まった動物と水を飲んでいました。

そこに、虎のシアカーンが現れ、人間の大人はジャングルにおいてはいけない掟を伝えます。そして、日照りが戻れば、モーグリを捕まえにいくと告げます。

脅しを受けた狼達は、モーグリを守るか、一族を守るかで議論になりました。最終的には、モーグリを人間の村に戻すことになりました。そして、モーグリは、狼の群れから去ります。

ここから、シアカーンにモーグリが狙われ始めます!

ここからがネタバレとなります。未だご覧になっていない方は、ストーリーのラストが分かってしまうので、ご注意ください!

ネタバレ注意

バギーラがモーグリを人間の村に送る途中、シアカーンが襲ってきました。どうにか、バギーラとヌーの群れに守られ、モーグリは逃げることに成功します。

一方、モーグリを逃したシアカーンは、狼の群れに行きます。そして、モーグリを渡さなかったことを怒り、狼のアキーラを殺してしまいます。

モーグリは、ヌーに乗って移動を続けます。しかし、道中で、土砂崩れが起こり川に流されて迷子になります。そして、その迷いついた地で、蛇のカーの催眠にかかって食べられそうになります。そこに、熊のバルーが現れ助けられることになります。

熊のバルーは助けたことを恩として、蜂の巣取りをモーグリに頼みます。モーグリが蜂蜜をとることで二人は仲良しになっていきます。しかし、モーグリは、人間の村に行かないといけないので、バルーに道案内を頼んで、村の近くまで行きます。そこで、赤い花の説明などを受けることになります。最終的には、冬までは一緒に暮らそうと言われたので、モーグリは人間の村には戻りませんでした。

バルーとモーグリはどんどん仲良くなっていきます。歌を学ぶことなどしていました。そこに、バギーラが現れ、人間の村に行くように告げます。そして、その向かう前日に、モーグリは穴に落ちた象を救うのでした。

人間の村に向かう途中、モーグリは猿に連れ去られます。そして、猿のボスであるオラウータンのキングルーイと出会います。キングルーイは、赤い花を作り、火を使ってジャングルを手に入れると言います。しかし、モーグリは火の作り方が分からないので拒否します。そこに、バギーラとバルーが助けにきてくれて、モーグリは逃げることに成功します。しかし、モーグリはキングルーイから、アキーラが死んだことを聞いて怒ります。

そして、モーグリは火を手に入れて、シアカーンの元に向かいます。その際、火種がジャングルに落ち、ジャングルで火事が発生します。

モーグリはシアカーンと戦うことになります。ジャングルの動物も一緒に戦ってくれました。最後は、木の上から火の海の中にシアカーンを落とすことで、シアカーンを倒します。

シアカーンを倒したモーグリは、象に乗って、仲間の動物の元に帰還します。

そうして、一人の少年がジャングルを一つにしたとして、この物語は終わります。

映画『ジャングルブック』のタイトルの意味由来

映画『ジャングルブック』のタイトルの意味由来を考察します!

ジャングルブックの原題は「The Jungle Book」です。

直訳すれば、「ジャングルの本」となります。

しかし、これでは直訳すぎるので、「ジャングルでの物語」とするのがしっくりくるかなと思います。

また、タイトルの由来は、様々な動物のお話を描いたこともあり、ジャングルの動物の全体的なお話として、ジャングルブックとなったのだと思われます!

映画『ジャングルブック』の評判感想口コミ

気になる映画「ジャングルブック」の口コミと評価感想をチェックしてみましょう♪

映像は綺麗で素敵な物語だと思いました。しかし、特別な感動はなく、ジャングルの中の弱肉強食の流れと、共存の流れがぶつかった内容だと感じた。もう少し新しい発見があればもっと楽しめたと思う。

主人公の少年以外は、CGが使われた映画として、凄かった!映像が本当に綺麗で、これが全てCGだとは驚いた。動物がリアルすぎて、逆に怖かったです。職人の技だと思いました。

ジャングルブックが子供向けの作品だったので気軽に見ましたが、大人でも感動する作品になっていて驚きました!動物達の映像も素晴らしく、本当に面白い映画になっていました。

ジャングルの映画なので、つまらないと思っていましたが、期待を上回る面白さでした。最後、人間が火を持ってきたことで、ジャングルが焼けてしまうシーンが、なんか考えさせられました。モーグリのために立ち上がった動物達が良かったです。

何も期待していなかったので、CG技術含めびっくりしました!物語もジャングルの動物と人間の戦いかなと思いましたが違い、メッセージ性も高くて良かったです。

まとめ

ジャングルブックのあらすじネタバレ、評価感想口コミとタイトルの意味について解説してました!

ジャングルが舞台だったので、あまり期待していなかった作品ですが、CG技術など映像の凄さに驚きました。

また、物語も人間の子供が動物社会に受け入れられる内容になっていて、人間と動物の共存について考えさせられました。

未だご覧になっていない方は、ぜひ、チェックしてくださいね♪

簡単1分で登録&いつでも解約OK

動画を見るなら高速光回線

このサイトでは様々な映画の動画視聴方法やネタバレ、考察などの情報をお届けしていますが、動画を家で快適に見るにはインターネット回線も重要ですよね!そしてインターネット回線は数多く存在してどれがいいかわからない…

そこで私がオススメする光回線サービスをお伝えします(^^)

Cひかり

徹底したサポートが魅力的なサービス!
そしてなにより2Gbpsの高速回線でびっくりするほどサクサクなので動画視聴もめちゃくちゃ快適に(^^)
Softbankユーザーならさらにオトクに利用可能!
おすすめ度
月額費用 4980円(税抜)
速度 最大2Gbps
キャッシュバック 最大50000円
特徴 安心すぎるくらいのサポート内容!

\サポート力が魅力的すぎる!/