ピクサー映画

ハワイアンバケーションあらすじネタバレ結末【トイストーリー3続き短編】

短編映画「ハワイアンバケーション」のあらすじネタバレを解説します!

ハワイアンバケーションは、トイストーリー3の続きの位置付けで、カーズ2と同時上映された映画です。

6分程度の映画ですが、内容は面白く、楽しめる作品になっています♪

ケンとバービーが、ボニーの家に来る物語になっています!

作品概要【トイストーリー3の続き】

【公開】
2011年6月24日(アメリカ映画)
2011年7月30日(日本映画)

【製作】
ゲイリーン・スースマン

【監督】
ゲイリー・ライドストロム

【脚本】
アクセル・ゲッダース

【キャスト】
ジョディ・ベンソン
マイケル・キートン
トム・ハンクス
ティム・アレン
ジョーン・キューザック

※日本語吹替
高橋理恵子
東地宏樹
唐沢寿明
所ジョージ
日下由美

【概要】
トイストーリー3の続きの物語になっています。
ボニーが冬休みに入り、ハワイに行くことになります。
その休日の間に何をするか、おもちゃ達が会議を行います♪

サニーサイド保育園にいるケンとバービーが来て、物語は騒々しくなります♪

短編「ハワイアンバケーション」のあらすじネタバレ

物語は、ボニーがハワイに行くので、ウッディが休日の過ごし方を、おもちゃ達に聞くシーンから始まります。

レックスとトリクシーは、ゲームでマイキャラを作成すると言います。

ミスターポテトヘッドと、ミスポテトヘッドは二人でラブラブすると言います。

ミスター・プリックルパンツは、エイリアン達でオーディションを開いていました。

そこに、ボニーが来て、おもちゃ達に「行ってきます」と伝え、ハワイに向かうのでした。

その時、ケンとバービーが保育園のリュックから出てきます。

二人はハワイに隠れてハワイに行こうとしていたのです。

しかし、ハワイではなく、ボニーの部屋に到着して、ボニーはハワイに行ってしまいました。

そこで、ウッディ達が、部屋をハワイのようにアレンジして、ケンとバービーを迎え入ります。

海水浴など、様々なイベントや、ディナー、ディナーショーではバズがスペインモードで踊ります。

その後、2人は極寒の外に出ていき、キスをします。

しかし、雪の中にズボッと雪に埋もれてしまいます。

最後、仲間達で、ドライヤーで凍った2人を救い、この物語は終わります。

短編「ハワイアンバケーション」の結末

短編「ハワイアンバケーション」の結末を解説します!

【結末まとめ】

①ウッディ達でケンとバービーをもてなす。

②ケンとバービーがキスをする。

③ケンとバービーは雪の中に埋もれる。

①ウッディ達でケンとバービーをもてなす

ウッディ達でケンとバービーをもてなします!

海水浴や、ジャングルクルーズなど、ケンがハワイでやろうとしていたことに沿って、仲間達が企画してくれました。

特に、面白かったのは、バズのスペインモードで、ジェシーが切り替えたりしたのですかね〜

ディナーショーのシーンは最高でした♪

②ケンとバービーがキスをする

ケンとバービーがキスをします!

ケンとバービーは、ハワイの夕日の中、キスをする予定でした。

しかし、ハワイに行けなくなったので、皆んなの協力もあり、ボニーの家の前でファーストキスをすることになります。

仲間達も見守っていました!

③ケンとバービーは雪の中に埋もれる

ケンとバービーのキスの後のオチが、雪の中に二人で埋もれることでした。

二人はズボッと、雪の中に埋もれて、仲間達に救出されることになります。

最後は、凍った二人は、ドライヤーで乾かされて、終わることになります。

まとめ

短編映画「ハワイアンバケーション」のあらすじネタバレを解説しました!

短編作品ではありますが、内容は面白くて、あっという間に見れてしまう作品です。

個人的には、ポークチョップのツッコミや、ディナーで豚の丸焼きのように運ばれるシーンが面白かったです!

俺もこうなると思ったと、ポークチョップがいう感じが、かなり笑えました♪

動画を見るなら高速光回線

このサイトでは様々な映画の動画視聴方法やネタバレ、考察などの情報をお届けしていますが、動画を家で快適に見るにはインターネット回線も重要ですよね!そしてインターネット回線は数多く存在してどれがいいかわからない…

そこで私がオススメする光回線サービスをお伝えします(^^)

Cひかり

徹底したサポートが魅力的なサービス!
そしてなにより2Gbpsの高速回線でびっくりするほどサクサクなので動画視聴もめちゃくちゃ快適に(^^)
Softbankユーザーならさらにオトクに利用可能!
おすすめ度
月額費用 4980円(税抜)
速度 最大2Gbps
キャッシュバック 最大50000円
特徴 安心すぎるくらいのサポート内容!

\サポート力が魅力的すぎる!/