ジブリ映画

ハウルの動く城|ハウルとカルシファーの契約の秘密は?正体は悪魔?

映画『ハウルの動く城』のハウルとカルシファーの契約の秘密を解説します!

本作では、ハウルとカルシファーの契約が一つの大きな謎でした。

カルシファーは、ソフィーに契約の秘密を暴いて欲しいと頼んでいましたが、結局、最後、どんな契約だったかは分かったようで、分からない感じの終わり方となりましたね。

これから、そんな映画『ハウルの動く城』のハウルとカルシファーの正体についても解説していきます♪

ハウルとカルシファーの契約の秘密は?

ハウルとカルシファーの契約の秘密を解説します!

ハウルとカルシファーの契約は、カルシファーがハウルに強力な魔法を使えるようにすることでした♪

そして、そのハウルとカルシファーの契約の秘密については、ハウルの心臓を引き換えに、カルシファーが魔力を供給する秘密となっていました。

このことは、ソフィーが、ハウルの幼少期の思い出を覗いたことで明らかになった内容です。幼少期のハウルは、偶然降ってきた流れ星の精霊か妖精かと融合し、そこから強力な魔法を使えるようになったのでした。そのため、ラストは、カルシファーから心臓をハウルに返すことで、ハウルは元の人間に戻ることになります。

また、この契約の副作用的な呪いについては、ハウルが魔法を使う度に、悪魔に近づくことになってしまうことでした。そのため、ハウルは魔法を使うと烏のような鳥に変身してしまうことになり、最終的には心を失い、完全な悪魔となってしまうリスクがありました。

このこともあり、カルシファーは自分のことを悪魔と名乗っていたのだと考えられます!

ハウルの正体は?

ハウルの正体を解説します!

ハウルの正体については、サリマンが、ソフィーにハウルの正体を明らかにし、姿を見させようとしていたのが印象的でしたね♪まあ、この時点で、ソフィーはハウルの正体に気づいていたのですがね。

そんなハウルの正体は、烏のような鳥の悪魔でしたね!

ただ、完璧な悪魔ではなく、心のある悪魔として、他の戦争で使われていた兵器の悪魔とは違う位置付けになります。また、厳密に言えば、これは、カルシファーとハウルの契約の呪いのせいでもあるので、この時点の正体が、鳥の悪魔であったことになります。

カルシファーとの契約が解除されて以降は、普通の魔法使いに戻ることになります♪

カルシファーの正体は?

カルシファーの正体を解説します!

カルシファーの正体は、自らを「火の悪魔」であると言っていましたね!

ただ、これは厳密には違うと思っていて、実際は、流れ星のシーンで見たように、星の子が正式だと考えます。

おそらく、悪魔というのは、ハウルを悪魔に変えていることや、人間に対する威嚇のような意味合いで表現していているのだと思います。そのため、火の精霊か、可愛く言えば、火の妖精というのがしっくりくるのではないでしょうか!

また、ハウルとの契約は、本当に偶然の産物だと思います。そして、ハウルにこき使われて自由になりたいと言うわりには、ハウルが悪魔になってしまうことを心配するなど、邪悪な悪魔としての目的はないので、悪魔と呼ぶには違うかなと思っています!

まとめ

映画『ハウルの動く城』のハウルとカルシファーの契約の秘密を解説しました!

ハウルとカルシファーの契約の秘密はハウルの心臓にあり、心臓を戻すシーンがあったことから、ハウルは心がない状態だったのでしょうね。つまり、心がないから、どんどん人間ではない悪魔のような化物に変身してしまう設定だったのでしょうね。

また、最後、カルシファーが、契約解除となり、自由になったにも関わらずハウルとソフィーに元に戻ってきたのは、案外、文句を言っても、一緒の生活が楽しかったのでしょうね♪

おそらく、ラストのハウルの動く城は、カルシファーが友達として協力していることで、城が動いているのでしょうね!ハウルは魔法の力が弱まることになってしまったと思うので!

30日間無料お試し&いつでも解約OK/

映画『ハウルの動く城』の動画を
TSUTAYA TVですぐ視聴

簡単1分で登録も解約も可能

映画の原作を楽しむなが【eBookjapan】

ebookjapanはあの検索エンジンYahooが運営する最大級の電子書籍サイト!様々な映画やドラマ、アニメなどのあの原作を本屋で普通に購入するよりも50%OFF!つまり…「半額」で購入可能となっています♪ 無料で読める漫画も多数ある中で大人気の作品も最大半額3000円での購入ができるので6000円のものを3000円で買えてしまいます( ゚∀゚)ノ

ぜひこの際に気になっていた漫画を大人買いするのもおすすめですよ♪

▲このようなクーポンが手に入ります▲

50%OFFということもあり1冊ではなく複数冊を一気に買うほうがお得度もアップするので私はいつも複数冊購入しています♪