洋画

映画「ハリーポッターと秘密の部屋2」あらすじネタバレ!マグルや汚れた血とは?

映画『ハリーポッターと秘密の部屋2』は、2002年11月に公開されたイギリス・アメリカ映画です!

J・K・ローリング原作の小説『ハリーポッター』を映画化し、ハリーポッターシリーズの第2作目の作品です♪

物語は、

主人公のハリーがホグワーツ魔法学校に戻り・・

人や動物が固まってしまう原因不明の事件が発生し・・

ハリーやロンやハーマイオニーが・・

という内容になっています。

伏線や謎がはりめぐらされた作品で、かなり見応えがある内容です!

これから、そんな映画「ハリーポッターと秘密の部屋2」のあらすじネタバレと、予告マグルと汚れた血とは何かについて解説していきます♪

31日間無料お試し&いつでも解約OK/

ハリーポッターと秘密の部屋の動画を
U-NEXTですぐ視聴

簡単1分で登録も解約も可能

映画『ハリーポッターと秘密の部屋2』の作品概要

【公開】
2002年11月15日(イギリス公開)
2002年11月15日(アメリカ公開)
2002年11月23日(日本公開)

【制作】
ワーナー・ブラザース
ヘイデイ・フィルムズ
1492ピクチャーズ

【監督】
クリス・コロンバス

【脚本】
スティーブ・クローブス

【キャスト】
ダニエル・ラドクリフ
ルパート・グリント
エマ・ワトソン
ケネス・ブラナー
ジョン・クリーズ
ロビー・コルトレーン
ワーウィック・デイヴィス
リチャード・グリフィス
リチャード・ハリス
ジェイソン・アイザックス
アラン・リックマン
フィオナ・ショウ
マギー・スミス
ジュリー・ウォルターズ
デイビッド・ブラッドリー
トム・フェルトン
ショーン・ビガースタッフ
ロバート・ハーディー
シャーリー・ヘンダーソン
ジェマ・ジョーンズ
ミリアム・マーゴリーズ
マーク・ウィリアムズ

映画『ハリーポッターと秘密の部屋』の予告

映画『ハリーポッターと秘密の部屋』の予告をご紹介します!

妖精のドビーが登場して、ホグワーツには戻るなと言われていますね〜

何かホグワーツで事件が起こる匂いがプンプンします!

また、ハリー、ロン、ハーマイオニーの友情の力で、難題を解決していくのでしょうね♪

かなり期待を持たせる楽しみな予告になっていますね。

映画『ハリーポッターと秘密の部屋2』あらすじネタバレ

この作品は、選択がテーマになっていました!

物語は、ハリーがダーズリーに相変わらずいじめられており、そこにドビーが来るシーンから始まります。ダーズリーが家で商談をしている最中に、ドビーは、誰かとの契約中であるが、ハリーを守るために来たと言い、ホグワーツ魔法学校に戻ってはいけないと伝えてきました。そして、友人からの手紙はドビーが止めていたことがわかりました。その後、ドビーは商談を邪魔して、ハリーの部屋の窓に鉄格子がつけられることになります。

とある夜、ロンとフレッドとジョージが車でハリーを迎えにきます。そして、そのままロンの家に行くことになります。ロンの家では、ロンの母と父が優しく迎えてくれました。その後、ダイアゴン横丁に行くことになりますが、ハリーは発音が悪くて、夜の闇横丁であるノクターン横丁に飛んでしまいます。そこで、ハグリッドと偶然再会し、ダイアゴン横丁まで連れていって貰います。それから、ハーマイオニーと再会して、そのまま、ロックハートのサイン会に突入し、ハリーは本をもらうことになります。その際、マルフォイと父親のルシウスがきて忠告を受けることになります。

ハリー達は買い出しを終えて、9と4分の3番線に向かいます。しかし、ロンとハリーは壁を通ることはできませんでした。そのため、ロンとハリーは空飛ぶ車でホグワーツに向かいます。どうにかホグワーツにはついたが、木に襲われて、車はボロボロになります。この一連の騒ぎは、スネイプに怒られることになるが、ダンブルドアに助けられることになります。

ここから、ホグワーツでの生活が再び始まります!

ここからがネタバレとなります。未だご覧になっていない方は、ストーリーのラストが分かってしまうので、ご注意ください!

ネタバレ予想注意

ホグワーツでの授業が始まります。マンドレークの授業や、ロックハートの闇の魔法に対する防衛術の授業を受けることになります。また、クィディッチでは、マルフォイがシーカーになりました。その際、ハーマイオニーは、マグル生まれを馬鹿にされて落ち込みます。

そんな中、ハリーは謎の声が聞こえるようになります。誰にも聞こえない声らしく、ロンやハーマイオニーにも相談しました。そんな矢先、蜘蛛の行列を見つけ、その先で、「秘密の部屋は開かれている。継承者の敵よ気をつけよ。」という血のメッセージと、猫のミセスノリスが石になった現場を目撃します。その現場は混乱しますが、ダンブルドアが沈めます。

そして、授業で、ハーマイオニーが秘密の部屋について、マクゴナガルに質問します。その答えは、「学校は4人の偉大な魔女によって作られた。スリザリンは純血を重視した。スリザリンは秘密の部屋を作った。継承者が来たらその部屋に入れるようになる。そして、部屋には恐怖が隠されていて、部屋が開くと純血以外が殺される。」という内容でした。その内容を聞いて、継承者をマルフォイだと考えたハリー達は、ハーマイオニーのアイディアで、変身薬を作ることにします。

その後、クィディッチが開かれることになります。ハリーがどうにかスニッチをとってスリザリンに勝ちますが、その際、ロックハートに折れた骨をなくされて重症となります。そんな中、病室で寝ていたらドビーがきました。ドビーから、再度、忠告を受け、歴史が繰り返されていると言われます。そして、服をもらうことがご主人様が変わる条件だとも言われます。

そんな中、石にされた人が増えていきます。ホグワーツでは、秘密の部屋が再び開かれたと話題になります。

ハーマイオニーの変身薬は、嘆きのマートルがいる女子トイレで作ることになりました。また、スネイプとハートロックの授業で、マルフォイとハリーが決闘することになり、その際に、マルフォイが出した蛇とハリーは会話します。このことは特別なことであり、ハリーは蛇と話せる「パーセルマウス」だと自覚します。蛇と話したことで、周りの人が不気味がるようになり、皆から継承者だと思われるようになります。

また、ハリーは固まった生徒と遭遇します。そして、犯人だと疑われ、ダンブルドアに呼ばれることになります。ダンブルドアの部屋では、フェニックスが生まれ変わったことや、ダンブルドアがハリーを疑っていないことを聞きます。そんな中、ハグリッドがハリーが犯人ではないと直談判に来ました。その際、ハリーはダンブルドアに隠し事をします。

それから月日が経過して、冬になります。そして、ハリーとロンは、眠り薬でマルフォイの側近の二人を眠らせ、変身薬でなり変わります。そして、スリザリンの寮に行き、マルフォイと話します。マルフォイは後継者ではなく、父親から50年前に汚れた血が死んだと聞いたことだけを知ります。一方、ハーマイオニーは猫に変身してしまいました。

翌日、女子トイレで日記が落ちてきたと、嘆きのマートルが言います。そして、ハリーはトムリドルの日記を手にします。それから、日記と会話を始め、50年前の光景を見せられます。その光景では、女子生徒が死んだ事件の犯人が、蜘蛛を使ったハグリッドであり、ハグリッドが秘密の部屋を開けた内容でした。ハリーはハグリッドが犯人であると疑います。そんな矢先、ハリーの部屋が無茶苦茶になり、トムリドルの日記がなくなっていました。

そして、ハーマイオニーが鏡を持って固まってしまう事件が起こります。先生が特別警戒措置を出します。ロンとハリーは、透明マントでハグリッドのところに行きます。そこに、ダンブルドアが来て、停職命令を受け、ハグリッドは犯人としてアズカバンに連れて行かれます。その際、ハグリッドは、蜘蛛の後を追えと言います。ロンとハリーは蜘蛛の後を追っかけます。そして、ハグリッドが犯人ではないことを知ります。

それから、ロンとハリーは、ハーマイオニーの手の中にあったバジリスクの情報を手に入れます。ハーマイオニーは、事件の真相を掴んでいたのです。バジリスクは、目を見た相手を殺す能力を持ち、犠牲者は直接目を見なかったので、石として固まったことに気づきます。ミセスノリスは水の反射で、犠牲者の子はカメラや幽霊ごし、幽霊は二回死なない、ハーマイオニーは鏡を持っていたから救われたことが分かりました。また、バジリスクがパイプの中を動いていることにも気づきました。

そんな中、ジミーが秘密の部屋にさらわれます。助けに行こうとする中、ロックハートが逃げようとしました。ハリーとロンはロックハートを拘束し、女子トイレに向かいます。嘆きのマートルの死因がバジリスクだと分かり、秘密の部屋の入り口が女子トイレだと分かりました。そして、蛇の言葉を使い、秘密の部屋を開き、中に入ります。ロックハートは途中自爆し、ロンと分かれることになり、ハリーは、蛇の部屋に行って、トムリドルの記憶と出会います。そして、ジミーがトムリドルの日記に操られていたと知ります。トムリドルは、16歳の日記に秘密の部屋と自分の記憶を閉じ込めていました。そして、ハリーを狙っていました。ハリーを狙った理由は、トムリドルがボルデモートの過去であり、現在であり未来であったからです。トムリドルはボルデモートだったのです。

そして、ハリーとトムリドルの戦いが始まります。フェニックスが帽子を届けてくれて、バジリスクと戦うことになります。帽子の中には何もなかったですが、途中から剣が現れ、その剣でハリーはバジリスクを倒します。それから、バジリスクの牙を使って、トムリドルの日記を突き刺します。そうしたことで、トムリドルを倒すのでした。その後、フェニックス(フォークス)に連れられ、離脱することになります。

最後、ダンブルドアに呼ばれます。ハリーはヴォルデモートと共通点が多く悩んでいました。それに対し、ダンブルドアは、自分が何者かは能力ではなく選択であると告げます。そして、真のグリフィンドール生徒だけが、帽子から剣を出せると言われました。ハリーは自信を取り戻すのでした。

その後、ドリーがマルフォイの父に使えていたことが分かります。そして、犯人はボルデモートの日記だったと伝えます。ルシウスは渋々帰るのでした。その際、ハリーはドリーに靴下をプレゼントして、ドリーはご主人様から服をもらったことで、主人がハリーに変わりました。ハリーは、ドリーに命を救わないでというお願いをします。

さらに、アズカバンからハグリッドが戻されることになり、一件落着となりました。

エンディングでは、ロックハートが「私は誰か?」となり、見せ物になって、この物語は終わります。

マグルや汚れた血とは?

マグルや汚れた血とは何かについて解説します!

マグルとは、魔力を持たない人間のことです。

そして、そんなマグルの血が入った人が魔法を使うことに対し、純血の人間が「汚れた血」だと表現します。

つまり、マルフォイのような純血にとっては、家柄が重視されていて、ハーマイオニーのようなマグルの両親から生まれた魔法使いを認めない風潮があることです。

まあ、魔法のような特殊な能力は、いわば既得権益であり、純血の人にとっては、血が混ざることを認めたくないのでしょうね〜

まとめ

映画『ハリーポッターと秘密の部屋』のあらすじとネタバレを解説しました!

1作目より進化した内容で、ヴォルデモートやホグワーツについて、様々なことが分かり始めましたね。

また、ヴォルデモートとハリーの共通項が多く見つかり、それに悩むハリーも見所でした。

ハリポッターシリーズでも人気のある作品なので、ぜひ、要チェックな映画です♪

簡単1分で登録&いつでも解約OK

動画を見るなら高速光回線

このサイトでは様々な映画の動画視聴方法やネタバレ、考察などの情報をお届けしていますが、動画を家で快適に見るにはインターネット回線も重要ですよね!そしてインターネット回線は数多く存在してどれがいいかわからない…

そこで私がオススメする光回線サービスをお伝えします(^^)

Cひかり

徹底したサポートが魅力的なサービス!
そしてなにより2Gbpsの高速回線でびっくりするほどサクサクなので動画視聴もめちゃくちゃ快適に(^^)
Softbankユーザーならさらにオトクに利用可能!
おすすめ度
月額費用 4980円(税抜)
速度 最大2Gbps
キャッシュバック 最大50000円
特徴 安心すぎるくらいのサポート内容!

\サポート力が魅力的すぎる!/