ジブリ映画

映画『ゲド戦記』のあらすじネタバレ!原作との違いと主題歌や予告!

映画『ゲド戦記』は、2006年7月に公開されたジブリ映画です!

アーシュラ・K・ル=グウィンの小説『ゲド戦記』が原作となります♪

【物語概要】

元王子のアレンが、幼い頃のトラウマを抱えながら、大賢者のハイタカと旅をし、同年代のテルーなどと出会い、成長していく内容になっています!

メッセージ性が難解で、少し分かりにくい物語ですが、面白い作品になっています。

これから、映画『ゲド戦記』あらすじネタバレ原作との違い主題歌予告を解説します!

30日間無料お試し&いつでも解約OK/

映画『ゲド戦記』の動画を
TSUTAYA TVですぐ視聴

簡単1分で登録も解約も可能

映画『ゲド戦記』の作品概要

【公開】
2006年7月29日(日本公開)
2020年6月26日(日本公開)

【製作】
鈴木敏夫

【監督】
宮崎吾朗

【脚本】
宮崎吾朗
丹羽圭子

【キャスト】
岡田准一
菅原文太
手嶌葵
田中裕子
香川照之
小林薫
夏川結衣
倍賞美津子
内藤剛志

【予告】

予告を見る限り、「命を大切にしない奴なんて大っ嫌いだ!」が印象的ですね♪

「見えぬものこそ」のテロップが、どんな意味なのか気になりますね〜

また、テルーの歌が綺麗で優しい歌なので、引き込まれる感じがします!

【主題歌・劇中歌】
手嶋葵「時の歌」
手嶋葵「テルーの唄」

映画『ゲド戦記』のあらすじとネタバレ

この作品は、アレンの成長物語になっていました!ゲド戦記とあるので、ゲドという人物が主人公だと思いきや、アレンの物語となります。

物語は、「言葉は沈黙に、光は闇に、生は死の中にこそ、あるものなれ、飛翔せるタカの、虚空にこそ、輝ける如くに」という「エアの創造」の格言から始まります。そして、とある船が航行中に荒波にもまれるシーンとなり、風の司という儀式人が、風も波も全ての名前を思い出せないという状況になります。更に、そこへ天から2匹の龍がきて、殺し合い、1匹が殺され、風の司は、人間の世界に竜がいることを驚くのでした。

その後、エンラッド王国では会議が開かれます。会議では、領土の動物が多く死に、感染症も流行して、住民が混乱していることが話されました。そして、風の司を送っても、干ばつは解決できなかったことが知らされることになります。また、龍が現れたことが説明され、大地と海は「人間」、風と火は「龍」のテリトリーとして、世界を二分したのに、それが共存することになり、黄昏が深まることを予言が述べます。

その後、会議が終わると、エンラッド王子であるアレンが行方不明となっており、国王はなぜか、息子のアレンに刺され殺されることになります。なお、その時、アレンは国王の剣を奪います。

そして、時が経過して、ハイタカが荒廃したエンラッド王国に着きます。そこで、狼に襲われているアレンを助けます。なお、その際、アレンは「お前達が僕の死か」と言って、生きることを諦めていました。また、アレンの剣は魔法で鍛えられていて、抜けない状況でした。

それから、ハイタカとアレンで旅をすることになります!

ここからがネタバレとなります。未だご覧になっていない方は、ストーリーのラストが分かってしまうので、ご注意ください!

ネタバレ注意

ハイタカとアレンは、目的のない旅として、街を転々とします。そして、とある街に着くと、そこでは、奴隷売買などがされていました。そこで、アレンの服装が目立つので、ハイタカは、アレンにマントを買ってあげます。その後、アレンが一人でいる時に、「ハジラ」という物を、商人に渡されます。ですが、それは危険なもので、人間の頭がおかしくなる薬物だったため、ハイタカに止められるのでした。その際、「疫病は世界の均衡、均衡を崩そうとするのは人間」とハイタカがアレンに説きます。

それから、アレンは、ウサギに追われるテルーを目撃します。そして、襲われそうになっているテルーを助けるのでした。しかし、テルーは感謝もせずに、どこかに行ってしまいます。その後、昼寝をしていると、アレンはウサギに不意をつかれて捕まることになり、奴隷とされ連れ去られてしまうのでした。また、その際、剣は捨てられることになります。

その後、アレンの乗る奴隷の馬車を、光の魔法で、ハイタカが助けに来ました。それから、奴隷を解放して、ハイタカとアレンは、テナーの家にいきます。なお、そこで、ハイタカの本当の名前が「ゲド」であると分かることになります。また、ハイタカは、世界が不安定なので、日の光が弱まるように、魔法が弱くなるとも言っていました。なお、テナーの家には、先ほど助けたテルーがいました。そして、ハイタカはテルーを見て、何か察する様子でした。

一方、うさぎは、クモに、奴隷が逃げたと報告します。顔に傷がある魔法使いだと報告され、クモはハイタカの仕業だと確信します。

そして、アレンは目を覚ますと、テルーとの再会となります。テルーはぶっきらぼうでした。それから、ハイタカから、「全てのものには、真の名前がある。その名前を知るのが魔法の力である」と言われます。

それから、アレンはテルーに声をかけますが、テルーは、「命を大切にしないやつなんて大っ嫌いだ」と拒絶します。その後、アレンは、夢の中で、沼に飲み込まれる父親を見ることになります。一方、ハイタカはとある用事で外に出かけることになりました。なお、テルーの火傷は親のせいだと知ることになります。

そんな中、うさぎがテナーの家に来ます。ハイタカを探しているようで、要件を伝え、一先ず帰るのでした。一方、ハイタカは、アレンの剣を買うのでした。それから、ハイタカはクモの屋敷にちょっかいを出すのでした。

その頃、テルーは草原で歌っていました。そこにアレンが行って、アレンは、テルーに実の父を殺したことを伝えます。そして、アレンは、自分が疫病神なので、そのままいなくなりました。

その後、テナーがハイタカを誘き寄せるために捕まることになります。そんな中、アレンはクモに拾われて、ハイタカが旅をするのは、永遠の命のためだと言われ、洗脳されることになるのでした。

それから、ハイタカがクモの屋敷にかけつけます。そして、洗脳されたアレンと戦うことになります。その際、アレンは、クモに真の名を明かしてしまったようでした。アレンを傷つけられないので、ハイタカは捕まることになるのでした。

一方、テルーは、剣を持ってクモの屋敷に行き、アレンに剣を渡すのでした。そして、アレンは「生きることを怖がっている」と言われ、「一つの命を生きるのが怖い」とテルーに言います。そして、テルーに励まされ、アレンの真の名前であるレバンネンをテルーは知っており、テルーの真の名前がテハヌーだと分かることになります。

その後、クモとアレンは戦い、呼び出しの術をされるが、剣が抜けるようになり優勢となります。ですが、テルーを人質に取られてしまうのでした。その後、絶体絶命になるのですが、その時、テルーの目が赤くなり、ドラゴンとなり、魔法を使い、クモを倒すのでした。それから、テルーはドラゴンとして、アレンは乗せ、飛びたち、草原に戻ります。そして、ハイタカとテナーも家に帰ってきて、4人は元の生活を取り戻します。その後、アレンとハイタカは旅に出ることになるのでした。そして、ドラゴン4体が空を飛んで、この物語は終わります!

映画『ゲド戦記』の原作との違い

映画『ゲド戦記』の原作との違いをご紹介します!映画と小説では、設定が異なる部分が多いのですが、メインとなるものを列挙します♪

【原作との違い】

①映画では主人公がアレンだが、小説では主人公はゲド。

②映画ではアレンは国王を殺したが、小説では殺していない。

③映画ではアレンとハイタカは偶然出会ったが、小説では使者としての出会い。

④映画では影とアレンが戦ったが、小説ではゲドが戦う。

まとめ

映画『ゲド戦記』のあらすじネタバレを解説しました!

映画だけを見ても、様々な設定が説明されないので、理解が難しったと思います。

本作は、原作の設定を知ってから見ると、より面白いと感じることができる作品となっていました。

ぜひ、未だご覧になっていない方は、小説も映画もチェックしてくださいね♪

30日間無料お試し&いつでも解約OK/

映画『ゲド戦記』の動画を
TSUTAYA TVですぐ視聴

簡単1分で登録も解約も可能

映画の原作を楽しむなが【eBookjapan】

ebookjapanはあの検索エンジンYahooが運営する最大級の電子書籍サイト!様々な映画やドラマ、アニメなどのあの原作を本屋で普通に購入するよりも50%OFF!つまり…「半額」で購入可能となっています♪ 無料で読める漫画も多数ある中で大人気の作品も最大半額3000円での購入ができるので6000円のものを3000円で買えてしまいます( ゚∀゚)ノ

ぜひこの際に気になっていた漫画を大人買いするのもおすすめですよ♪

▲このようなクーポンが手に入ります▲

50%OFFということもあり1冊ではなく複数冊を一気に買うほうがお得度もアップするので私はいつも複数冊購入しています♪