ジブリ映画

ゲド戦記|アレンの正体!父親を殺した理由と影と剣が抜けない謎?

映画『ゲド戦記』のアレンの正体を解説します!

本作は、アレンを主人公とする成長物語になっていました。父親を殺してしまったトラウマを抱え、それに追い詰められるているアレンに、ハイタカ、テナー、テルーが変化を与える内容となっていましたね。

これから、そんな映画『ゲド戦記』でアレンが父親の国王を殺した理由や、影とは何か剣が抜けない理由はなぜかを考察していきます♪

映画『ゲド戦記』のアレンの正体

映画『ゲド戦記』のアレンの正体を解説します!

アレンの正体は、エンラッド王国の王子です!

幼少期に、実の父親を殺してしまい、逃れるようにして、別の土地で17才を迎えることになります。そして、狼に襲われて、死ぬ場所を見つけられたと思えたが、ハイタカ(ゲド)に助けられることになります。その後は、テルーに、生きる意味を与えられることになります!

また、本当の真の名前は、「レバンネン」です♪レバンネンの意味は、「ナナカマド」という命を与える樹木となります。両親が、次期国王になることを期待して、民に優しくするような存在になるよう、真の名前をつけたことが推測されますね。

アレンが父親の国王を殺した理由

アレンが父親の国王を殺した理由を考察します!

父親殺しの理由は、本作を製作した宮崎吾朗監督が、絶対的な宮崎駿監督という父親を超えたいと思う気持ちが反映され、描かれたことが、有名な話になっていますが、ここでは、別の視点でも考えたいと思います♪

おそらく、アレンが父親を殺した理由は、若者特有の劣等感や不安定からくる衝動であったと考えます!

アレンは、物語を見る限り、父親を憎んでいたり、嫌っていたりする訳ではありませんでした。逆に、父親を尊敬して、憧れを持つ存在であったと思います。ですが、その感情が、「自分も父親のような立派な人間になれるのか」、「父親は国政に忙しく、自分を見ていない」などの葛藤を生み出し、最終的には、抑えきれない衝動に変わったと考えられます。

つまり、若者特有の暴走であったと思われます。そのため、父親を殺してからは、自分はどうして父親を殺してしまったのか、理性的に言語化できない状況に陥り、影を生み出すことになります。

このように、アレンが父親を殺したのは、衝動的な暴走によると思われます♪

アレンの影は何?

アレンの影を解説します!

アレンの影は、父親の姿をしたり、自分の姿をしたり、心が不安定になると、突如現れて、アレンを追い詰める存在でした。そして、アレンが死ぬように仕向ける、マイナス思考にさせる存在でした。そのため、常にアレンは、追い詰められ、何かから逃げようとしていましたね。

この影の正体については、アレン自身の不安や悩みなどの心の写しでした!

言わば、潜在的に眠った人格のようなものです。本作では、このマイナス思考、トラウマをどのように改善して、前向きに、生きる意味を得られるかが、テーマとなっていました。

剣が抜けない理由は?

剣が抜けない理由を解説します!

アレンが国王から奪った剣が抜けない理由は、魔法でコーティングされていたからです!つまり、魔法を使えないと抜けないということです。このことは、ハイタカが剣の性質を見抜いて、発言していましたね。

そして、どうして魔法の剣が抜けるようになったかについては、テルーから真の名前を伝えられたことで、アレンも魔法の適性を開花させたからでした。また、美談的な要素を入れれば、テルーを助けたいという想いが、剣に伝わったとも言えますね。

まとめ

映画『ゲド戦記』のアレンの正体を解説しました!

本作は、ゲド戦記というタイトルなのに、アレンが主人公であったのには驚きでしたよね。あくまで、ゲドは語り部のような位置付けでした。また、小説版でのゲド戦記は、別の物語になっています。気になる方は、ぜひ、そちらもチェックしてみてくださいね!

未だ本作をご覧になっていない方は、ぜひ、映画を見ていただき、楽しんでくださいね♪

30日間無料お試し&いつでも解約OK/

映画『ゲド戦記』の動画を
TSUTAYA TVですぐ視聴

簡単1分で登録も解約も可能

映画の原作を楽しむなが【eBookjapan】

ebookjapanはあの検索エンジンYahooが運営する最大級の電子書籍サイト!様々な映画やドラマ、アニメなどのあの原作を本屋で普通に購入するよりも50%OFF!つまり…「半額」で購入可能となっています♪ 無料で読める漫画も多数ある中で大人気の作品も最大半額3000円での購入ができるので6000円のものを3000円で買えてしまいます( ゚∀゚)ノ

ぜひこの際に気になっていた漫画を大人買いするのもおすすめですよ♪

▲このようなクーポンが手に入ります▲

50%OFFということもあり1冊ではなく複数冊を一気に買うほうがお得度もアップするので私はいつも複数冊購入しています♪