邦画

22年目の告白|曾根崎は牧村に何と言った?里香の口パクの言葉は?【私が殺人犯です】

映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』で曾根崎は牧村に何と言ったかを解説します!

また、本作では、もう一場面、何を言ったか分からないシーンがありました。それは、真犯人に牧村里香が殺される場面です。牧村里香は、何か叫ぶようにカメラに訴えかけ、そして、そのまま真犯人に殺されることになります。

これからそんな映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』の里香の口パクの言葉は何かも解説していきます♪

病院で曾根崎雅人は牧村航に何と言った?

病院で曾根崎雅人は牧村航に何と言ったかを解説します!

このシーンは、曾根崎のベストセラーが世に出て、マスコミから注目を浴びる中、曾根崎が、事件の被害者家族で山縣明寛病院長に謝罪をしに行く場面でした。そこに、たまたま、牧村刑事もいて鉢合わせることになります。

そして、曾根崎が何か牧村に耳元で伝えた後、牧村はブチ切れて、曽根崎に殴りかかるのでした。

この言葉の内容ですが、まさかの「殴ってください。早く。」でした!

これは、実は、牧村刑事と曾根崎と山縣医院長の真犯人を見つけるための作戦であり、敢えて、事件をマスコミの前で炎上させ、盛り上がらせることで、真犯人を吊り出すための演技でした。

牧村里香の最後の口パクの言葉は?

牧村里香の最後の口パクの言葉を解説します!

このシーンは、牧村里香が、牧村刑事の巻き添いで、自宅にいるところを拉致され、殺されてしまう場面でした。

牧村里香は、小野寺拓巳と婚約状態にありますが、災害の地震で心を病んでいる状況でした。小野寺拓巳からのプロポーズで前向きな気持ちになれたことだろうと思えた矢先の事件であり、微妙な時期に事件が起こったことになります。

そして、そんな牧村里香の最後の言葉は、「震災に亡くなった人と一緒に死ぬべきだった。私一人幸せになる資格がない。」でした。

この言葉は、小野寺拓巳からプロポーズを受けた際にも口にしていた言葉なので、自分が救えなかった人達を悔やんで、鬱な状態から寛解できなかったのでしょうね。

真犯人にとっては、命乞いをしない感じが最悪な様子で、最後に伝えられることになります。

まとめ

映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』で曾根崎は牧村に何と言ったかを解説しました!

まさか、二人がグルであったなんて、思いませんでしたよね。

また、里香は、最後、小野寺に対して、愛を伝えて欲しかったなとも思いました。

ぜひ、他にも謎なシーンは多いと思うので、楽しんでください♪

31日間無料お試し&いつでも解約OK/

映画『22年目の告白』の動画を
U-NEXTですぐ視聴

簡単1分で登録も解約も可能

映画の原作を楽しむなが【eBookjapan】

ebookjapanはあの検索エンジンYahooが運営する最大級の電子書籍サイト!様々な映画やドラマ、アニメなどのあの原作を本屋で普通に購入するよりも50%OFF!つまり…「半額」で購入可能となっています♪ 無料で読める漫画も多数ある中で大人気の作品も最大半額3000円での購入ができるので6000円のものを3000円で買えてしまいます( ゚∀゚)ノ

ぜひこの際に気になっていた漫画を大人買いするのもおすすめですよ♪

▲このようなクーポンが手に入ります▲

50%OFFということもあり1冊ではなく複数冊を一気に買うほうがお得度もアップするので私はいつも複数冊購入しています♪