邦画

22年目の告白の黒幕!事件内容と犯人と真犯人の動機と最後に刺したのは誰?

映画『22年目の告白』の黒幕を解説します!

本作は、時効と殺人事件というテーマで、テンポ良く物語が描かれ、とても面白い作品になっていたと思います。見終わった後、全ての謎が明確になり、最後の最後まで楽しめる映画だっと感じました。

これから、そんな映画『22年目の告白』の事件内容と犯人と真犯人の動機と最後に刺したのは誰かを解説していきます♪

映画『22年目の告白』の事件内容

映画『22年目の告白』の事件内容をご紹介します!

【殺人事件の時系列】

①足立区の飲食店店主殺害事件(被害者の名前:不明)

②世田谷区の会社員殺害事件(被害者の名前:岸美晴の父親)

③銀座のホステス殺害事件(被害者の名前:戸田ショウコ)

④練馬区の病院長夫人殺害事件(被害者の名前:山縣明寛の妻)

⑤大田区の牧村家の警察官殺害事件(被害者の名前:滝幸宏)

⑥大田区の牧村里香拉致殺害事件(被害者の名前:牧村里香)

映画『22年目の告白』の犯人と真犯人の動機と黒幕

映画『22年目の告白』の犯人と真犯人の動機と黒幕を解説します!

この物語の犯人は、曾根崎雅人となっていました。

殺人事件の暴露本を出して、ベストセラー作家になり、世間に多くのファンも作ることになりました。

しかし、実は、曾根崎雅人の正体は、殺人事件の犯人ではなく、牧村里香の婚約者ではなく、小野寺拓巳でした。殺人犯を探すために、整形して、自分を偽って、犯人をあぶりだそうとしたのでした。また、その協力者が、牧村航と事件の目撃者で被害家族の山縣明寛でした。牧村航刑事は、里香のため、自分が犯人を捕まえられなかったことを贖罪に、暴露本の内容をリークします。山縣明寛は、小野寺の整形を手伝うのでした。

そして、テレビ出演した真犯人と名乗る人物は、真犯人ではありませんでした。あくまで、黒幕に雇われただけのネット民でした。

そして、この事件の黒幕と真犯人は、仙堂俊雄でした!

そんな黒幕で真犯人の仙堂の動機は、自分がフリーのジャーナリスト時代にテロに巻き込まれ、友人が絞殺された事件をきっかけに、自分も人を絞殺してみたいという転化が起こり、猟奇的な殺人事件を起こしたとされました。

しかし、個人的には、自分がフリージャーナリストとして有名になるために、猟奇的な犯罪をしたのだと感じました。誰かに殺されたいという願望も、それは、捕まった後の無罪を勝ち得るための作戦だと思いました。

完璧主義で、自分の殺人を物語だと思っていた人物なので、緻密に全てを計算していたことは間違いないでしょう!

本物のモンスターでした。

最後に仙堂を刺したのは誰?

最後に仙堂を刺したのは誰かを解説します!

仙堂は、心の病ということで、裁判が行われることになりました。

そのため、実質的に彼をさばけるかどうかは、不透明な状況になりました。おそらく、これは、仙堂の作戦であると考えられます。そして、本も出版しているので、全て計算であることが予想されます。

そんな仙堂に天罰を与えられないことに嘆いて、復讐として、戸田丈(ホステスのショウコの息子)が、鉄砲玉として、刺したことになります。

おそらく、これで、仙堂は亡くなることになるのが、本作の結末であると思います!

まとめ

映画『22年目の告白』の黒幕を解説しました!

犯人が犯人ではなく、真犯人も真犯人ではなく、最終的に、ジャーナリストの仙堂が黒幕であったという見応えのなる作品になっていました。最後の最後まで、犯人がわからないのが面白かったですし、ラストまで終わりが分からない仕掛けも良かったと思います。

ぜひ、一度はご覧いただきたい、おすすめできる作品になっていますので、気になった方は、チェックしてくださいね♪

31日間無料お試し&いつでも解約OK/

映画『22年目の告白』の動画を
U-NEXTですぐ視聴

簡単1分で登録も解約も可能

映画の原作を楽しむなが【eBookjapan】

ebookjapanはあの検索エンジンYahooが運営する最大級の電子書籍サイト!様々な映画やドラマ、アニメなどのあの原作を本屋で普通に購入するよりも50%OFF!つまり…「半額」で購入可能となっています♪ 無料で読める漫画も多数ある中で大人気の作品も最大半額3000円での購入ができるので6000円のものを3000円で買えてしまいます( ゚∀゚)ノ

ぜひこの際に気になっていた漫画を大人買いするのもおすすめですよ♪

▲このようなクーポンが手に入ります▲

50%OFFということもあり1冊ではなく複数冊を一気に買うほうがお得度もアップするので私はいつも複数冊購入しています♪